初心者向け!ボルダリングを安全にプレーするためのルールとは?

この記事は約4分で読めます。

ボルダリングをするときのルール、あなたはきちんと把握できていますか?
初回講習で説明されますが、「なんとなくうろ覚えになっている」という方も多いのではないでしょうか。

次のボルダリングまでに間が空いたときなどは、なおさら忘れやすいですよね。
しかし、決められたルールを守らずにプレーすると、自分が怪我をしたり、他人に怪我をさせてしまったりすることに繋がります。

安全にボルダリングを楽しむためにも、事前に一度おさらいしておきたいところですね。
そこで今回は、ボルダリングを安全にプレーするためのルールについてご紹介していきます。ぜひ参考になさって下さいね。

スポンサーリンク

登るときに守るべき大切なルール5つ!これを守らないと怪我にも繋がる!

ルール1:安全マット内に入れるのは登る人のみ

ボルダリングウォールの下には、クライマーが落下したり着地したりするときの衝撃を和らげるために、安全マットが敷かれています。
このマット、とってもふかふかしていてつい寝転がりたくなってしまうんですが、座ったり寝転がったりするのはNGです。

もっと言えば、安全マット内に入れるのは「登る人のみ」であり、そのほかの人は入れません。
クライマーが突然上から落ちてきたり、飛び降りてきたりする可能性のある、とっても危険な場所だからです。
人が入ってはいけないだけでなく、モノを置くのもNGですよ。

ルール2:安全を確認してから飛び降りる

課題をゴールしたからといって、その位置から飛び降りてはいけません。
いくら安全マットがあるとはいえ、高い位置から飛び降りれば怪我の可能性は十分にあり得るのです。

基本的にはホールドをつたって降りますが、万が一飛び降りなければならないときは、安全な高さまで降りてからにしましょう。下に人がいないかどうか確認することも大切です。

ルール3:オブザベーションを実施する

「オブザベーション」とは、課題を登る前に登り方を考えることを言います。
登りながら考えると余分な体力を消耗することに繋がるため、クライマーは必ず事前にオブザベーションを行います。
「どんな風に登れば課題をクリアできるか?」をしっかり考えてから挑戦しましょう!

ルール4:壁を独占しない

「ゴールまであとちょっとだったのに!」なんてときは、つい連続で登りたくなってしまいますよね。
しかし、連続で登るのはNGです。あなたが壁を独占すると、ほかのクライマーが登れなくなってしまいます。
1度登り終わったら速やかにマットから出て、再び順番を待ちましょう。

ルール5:別のクライマーが登っている壁に登らない

既に登っているクライマーがいるのに、同じ壁を登り始めてはいけません。邪魔になるだけでなく、落下に巻き込まれて怪我をする危険があります。
「スタート地点が離れているから大丈夫だろう」という自己判断で、勝手に登り始めるのも駄目ですよ。

私が実際に目にした例では、「スタートから離れた2手目のホールドに、遠心力を使ってジャンプして移る」という課題がありました。
危険な課題だったため、誰かがその課題を登っているときは“スタート地点の壁とその隣の壁は登ってはいけない”というルールになっていましたよ。

そのように、「スタートが離れているから安全」というわけではないんです。
1つの壁につき1人しか登れないということを、頭に入れておきましょう。

合わせて読みたい

初心者の友達をボルダリングに誘う際、まず最初に教えたい10の心得。
ボルダリングにはまりだすと、友達とも登りたくなりませんか?気の合う仲間とわいわい登るのって楽しいものです。私も時々友達と登りに行くと、一人の時では味わえない楽しさがあります。この記事では友達の誘い方、ボルダリングの魅力の伝え方をご紹介します。ぜみ参考にしてみて下さいね。

ボルダリング後はアイシング&ストレッチを忘れずに!

ボルダリングを楽しんだ後は、ストレッチを忘れずに行うようにしましょう。とくに初心者の場合、最初のうちは全身が強烈な筋肉痛になります。

ボルダリング後のストレッチは、そのツラ~い筋肉痛を和らげてくれるのです。翌日以降に痛みや疲れを持ち越さないためにも、念入りに行っておきましょう。

スポンサーリンク

腕がパンパンになったら「アイシング」も忘れずに

がっつりとボルダリングを楽しんだり、ハードな課題を登ったりすると、腕がパンパンになってしまうことがあります。そんなときは、ストレッチの前に「アイシング」を行いましょう。

アイシングとは、氷水に腕や脚をつけて冷やすこと。
これを行うことで、筋肉に疲労が蓄積するのを抑えたり、筋肉痛を和らげたりする効果を得られるんですよ。

通常のボルダリングジムであれば、アイシングの設備を整えているところがほとんどです。
「利用したいけど、やり方や準備の仕方がわからない」と悩んだら、スタッフに声をかけてみましょう。

合わせて読みたい

ボルダリングで指の皮がむけた時の対処法。練習はやってもいい?
ボルダリングに限らず、運動にはケガが付きもの。ケガをしたときは、ボルダリングをやめて完治するまで休みましょう。ボルダリングをはじめた人がなり易いけがに「指の皮がむける」のと「手の関節が痛くなる」の2つが多くあります。今回は、この二つの原因と治し方、予防方法をご紹介します。

まとめ

ボルダリングを安全にプレーするためのルールについてご紹介しました。
ジムによっては、このほかにも独自のルールが定められている場合があります。決められたルールをしっかり守って、ボルダリングを楽しみましょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
yuma

ボルダリング歴2年、ボルダリング大好きの主婦です。
以前は週に1度のペースでジムに通っていましたが、現在は結婚したこともあり、たまに友人とジムや漫画喫茶のボルダリングに行く程度になっています。
でもスポーツとしては大好きでよくテレビも観ています。私の経験を元に、あなたにクライミングの魅力をお伝えできたらと思います。

yumaをフォローする
ルール
初心者のためのスポーツクライミング・ボルダリング入門
タイトルとURLをコピーしました