クライミング。日本人選手は世界的に強いのか?世界で通用する人は誰?

この記事は約6分で読めます。

新緑が眩しい季節到来です。
オリンピック種目になったスポーツクライミング、日本の選手は世界の中ではどのくらいのランクなの?せっかくなら活躍を見たいけど、世界に通用しているのかな。

そうですよね。世界の中での日本の選手。
レベルはどうなのか、知っておきたいところです。応援したいですものね。

この記事ではそんなあなたに、日本の選手の世界での活躍についてご紹介します。
ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

世界のスポーツクライミング

スポーツクライミング、オリンピック種目になったとはいえ、まだまだ身近なスポーツとは言い切れないですよね。世界のスポーツクライミングシーンがどんな風なのかもよくわからない。
世界選手権やワールドカップのような大会ではどうなのでしょう。

日本の選手が活躍しないのでは、ちょっとがっかり。世界に通用する選手を知りたいものですよね。

クライミング、やっぱり世界ランキングがあるのです。そして日本選手は上位で活躍しています。
2019年4月から今シーズンのワールドカップシリーズも始まり、日本選手の素晴らしい活躍が続いています。

スポーツクライミングのワールドカップ

スポーツクライミングのワールドカップは、シリーズ戦です。例年4月から10月ごろにかけて行なわれます。
今年2019年も、4月のボルダリングワールドカップ2019第1戦 マイリンゲン スイスを始め、次々と開催されています。

世界を転戦しながら7~8戦行なわれます。ランキングはこのワールドカップシリーズ戦の年間総合成績。
クライマーたちの実力を、もっとも正確に測る指標です。

2018年のワールドカップランキング

2018年のワールドカップランキング、上位5人を見てみましょう。

男子

  1. ヤコブ・シューベルト(オーストリア)
  2. 楢崎智亜(日本)
  3. 藤井快(日本)
  4. 緒方良行(日本)
  5. ショーン・マッコール(カナダ)

女子

  1. ヤーニャ・ガンブレット(スロベニア)
  2. 野口啓代(日本)
  3. 野中生萌(日本)
  4. ジェシカ・ピルツ(オーストリア)
  5. スターシャ・ゲヨ(セルビア)

男女共に、日本選手がしっかりランクインしています。

合わせて読みたい

世界的に見たスポーツクライミング日本代表のレベルは?金メダル獲得の可能性はある?
スポーツクライミングの「日本人のレベルって世界的に見てどのくらいなんだろう?」とふと疑問に思ったことはありませんか?そこでここでは、世界的に見たスポーツクライミング日本代表のレベルと東京オリンピックの金メダル獲得の可能性について、迫ってみました!これを読んで、みんなで応援しましょう!

2019年のワールドカップシリーズ

今年のワールドカップシリーズ、各大会の成績をボルダリングを中心にご紹介します。

IFSC クライミング・ワールドカップ スイス マイリンゲン2019

2019年4月5日 〜 6日開催

男子 ボルダリング

  1. アダム・オンドラ(チェコ)
  2. 楢﨑 智亜(日本)
  3. 杉本 怜(日本)
  4. 藤井 快(日本)
  5. チョン ジョンウォン(韓国)

女子 ボルダリング

  1. ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)
  2. 野口 啓代(日本)
  3. ショウナ・コクシー(イギリス)
  4. 4ファニー・ジベール(フランス)
  5. ペトラ・クリングラー(スイス)

IFSC クライミング・ワールドカップ中国重慶 2019

2019年4月26日 〜 28日開催

男子 ボルダリング

  1. マニュエル・コルニュ(フランス)
  2. 楢﨑 智亜(日本)
  3. アンゼ・ペハルク(スロベニア)
  4. サッシャ・レーマン(スイス)
  5. アレクセイ・ルブツォフ(ロシア)

女子 ボルダリング

  1. ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)スロヴェニ・グラデツ
  2. 野口 啓代(日本)
  3. ジェシカ・ピルツ(オーストリア)
  4. ペトラ・クリングラー(スイス)
  5. 伊藤 ふたば(日本)

IFSC クライミング・ワールドカップ 中国呉江 2019

2019年5月3日 〜 5日開催

男子 ボルダリング

  1. 楢﨑 智亜(日本)
  2. 原田 海(日本)
  3. ヤコブ・シューベルト(オーストリア)
  4. 土肥 圭太(日本)
  5. 藤井 快(日本)

女子 ボルダリング

  1. ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)
  2. 野口 啓代(日本)
  3. 森 秋彩(日本)
  4. 野中 生萌(日本)
  5. ジェシカ・ピルツ(オーストリア)

日本選手が目白押しですね。

ここでご紹介したボルダリングは、日本の十八番とも呼べる競技です。
でも、スピードはまだまだ上を狙うことが必要なのだそう。選手の皆さんも、スピード競技に力を入れているそうですよ。

世界選手権も!

ワールドカップシリーズを並んで重要な大会が、世界選手権です。こちらはワールドカップと違い、一発勝負の大会です。
2018年の世界選手権は、9月にオーストリアのインスブルックで開かれました。

その結果は、

男子

  1. ヤコブ・シューベルト(オーストリア)
  2. アダム・オンドラ(チェコ)
  3. ヤン・ホイヤー(ドイツ)
  4. 原田海(日本)
  5. 楢崎智亜(日本)

女子

  1. ヤーニャ・ガンブレット(スロベニア)
  2. サ・ソル(韓国)
  3. ジェシカ・ピルツ(オーストリア)
  4. 野口啓代(日本)
  5. 野中生萌(日本)

 

今年8月には世界選手権が東京八王子で開催されますから、そこでも日本選手達の活躍が期待されます。

日本のクライミング界は層が厚い!

ワールドカップのランキングと世界選手権の結果、見ていただいた通り、どちらも日本の選手たちが顔を出しています。
ランキングでは、世界の上位5位までに日本人が5人も入っていますよね。

この辺り、日本のクライミング界の層の厚さを表していそうです。

ランキング2位、世界選手権4位の野口啓代選手は29歳で、日本代表選手の中では最年長です。
クライミング界は、低年齢化が進んでいるそう。クライミング界を引っ張ってきた野口啓代選手も29歳にしてベテランの域なのだとか。

スポンサーリンク

日本でも若手と呼ばれる注目株の選手がたくさんいます。
伊藤 ふたば選手(17歳)は、2017年ボルダリングジャパンカップで、日本の第一人者野口啓代選手や野中生萌選手を抑えて、優勝。14歳の日本チャンピオンになりました。

▼今注目の伊藤 ふたば選手

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

▼日本の第一人者の野口啓代選手

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

川又 玲瑛選手(15歳)、森 秋彩選手(15歳)も今年、日本代表に選ばれました。
これからも若手がどんどん出てくるようで、頼もしい限りですね。

▼今年注目の川又玲瑛選手

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

合わせて読みたい

東京五輪のスポーツクライミングで日本はメダルを狙えるの?期待できる選手は誰?
2020年の東京オリンピックで初めてオリンピック種目になったスポーツクライミング。ということは、今回のオリンピックのメダリストは、史上初のメダリストになるってこと。これは、応援したいですね。この記事では、そんなあなたに、スポーツクライミングでメダルが期待できる日本選手についてご紹介します。

まとめ

日本の選手の世界での活躍、ご紹介しました。

スポーツクライミング、こんなに日本が強いのですね。世界で活躍する選手たち、熱い応援で支えましょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
あさ

住宅の仕事をしながら、毎日山を眺めて暮らす日々を送るうち、クライミングにモコモコと興味が湧きました。
興味はあるも、未経験。気づけばアラフィフ。あれもう遅いのかしら、と思いつつも、「体一つで登る」という魅力に興味は尽きないのです。
あわよくば、フリークライミングを始めたいものと、もくろみ中です。

あさをフォローする
大会
初心者のためのスポーツクライミング・ボルダリング入門
タイトルとURLをコピーしました