東京五輪のスポーツクライミングの有名選手は誰?アイドル的な存在はいる?

この記事は約5分で読めます。

緑が眩しい季節です。
オリンピック種目にもなったスポーツクライミング、どんな選手が有名なの?カーリング娘たちみたいに応援したくなる選手はいるのかしら?

そうですよね。
スポーツクライミングの選手、よくわからないですよね。有名な選手やアイドル的に応援できる選手がいたら、親しみやすいのに。

この記事ではそんなあなたに、スポーツクライミングで有名な選手をご紹介します。
ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

スポーツクライミングの選手って

自分の身体だけを使って、課題の壁を登っていくスポーツクライミング。
身体能力だけではなく、テクニック、知能や集中力、判断力、メンタルの強さなどまさに総合的に使うスポーツなのです。

そんなスポーツクライミングに魅了されて、挑み続ける選手たちは、柔軟でしなやかな筋肉をつけています。登る時の背中や手足の筋は、とても美しいですよね。

メンタルでも、自分自身と向き合って高めていっている選手たち。一目見て魅了されてしまいます。
では早速、思わず応援したくなるアイドル的な魅力を持った有名選手を、具体的にご紹介していきます。

高校生クライマー 伊藤ふたば

伊藤ふたば選手17歳。
2017年ボルダリングジャパンカップ、14歳で日本の第一人者野口啓代選手や野中生萌選手を抑えて、優勝。最年少記録を更新しました。

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

東京オリンピックを目指す、高校生クライマー。
王者を脅かす高校生は、実は柴犬(黒柴)を飼っていて、インスタグラムに一緒の写真をアップするなどほんわかした表情を見せてくれます。

クライミングになると、負けず嫌いの性格を発揮。長い手足と柔らかな体を生かして登っていくスタイルで、挑んでいきます。
世界の舞台ではユースの頃から好成績を収めている、クライミング界の若手アイドルです。

おしゃれ番長 野中生萌

野中生萌(のなか みほう)選手21歳。
2018年ボルダリングワールドカップの年間女王。東京オリンピックのメダル候補で、日本のエース。

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

ファッションへの感度も高くて、髪の色を変えたり、ウェアにこだわったり。「クライミング界のおしゃれ番長」と言われることもあるそうです。
とってもポジティブで明るい性格。「ダサいと気分が下がるから」とウェアにもこだわる彼女は、「クライミングを楽しむこと」を重視しているのです。

会心のクライミングができると、勝ち負けにかかわらず笑顔をはじけさせて全身でよろこびを表す彼女は、人間性の部分を含めた「最強のクライマー」を目指しているそうです。

この選手は、こちらでも詳しく説明しています

クライミングの野中生萌選手について知りたい!プロフィールは?彼氏は?
最近、ニュースのスポーツコーナーでもよく目にする機会が多くなったクライミング!そんなクライミングおいて、今回是非とも注目したい選手が、野中生萌選手!容姿もとてもキュートでおしゃれ番長と呼ばれるほどおしゃれ!そんな野中選手について、プロフィールなどここではたっぷりとご紹介します!

実力者 野口啓代

野口啓代(のぐち あきよ)選手 29歳。
クライミング界を牽引してきた、世界屈指のクライマーです。
2008年のワールドカップで総合優勝という日本人女性初の快挙を成し遂げて以来、常に上位に入り続けている実力者です。

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

細身の身体からは想像できないようなパワーとバランス、そして上位に入り続けたからそこの経験と知識を使って、常に挑戦しています。
柔らかな笑顔が印象的な美女で、自分に続く後輩たちにアドバイスをする、頼れる存在でもあるのです。

楢崎智亜・明智兄弟

楢崎智亜(ならさき ともあ)選手22歳。楢崎明智(ならさき めいち)選手19歳。

楢崎智亜選手は、日本のエース。オリンピックでもメダルを期待される最有力選手です。
全身のバネとしなやかな動きを駆使して登るクライミングスタイルから、“忍者”や“フィジカルモンスター”と呼ばれています。

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

スポンサーリンク

“忍者”と呼ばれるスタイルは、肩甲骨周りの可動域が広いことも大きいよう。とにかく背中の筋肉が見事です。
肩甲骨周りの筋肉が羽のように見えて、「羽が生えている」と評されることもあるようです。

驚異の肉体を作っているトレーニング方法も話題になっていて、「情熱大陸」に出演したこともある選手です。

この選手は、こちらでも詳しく説明しています

イケメンクライマー・楢崎智亜選手について知りたい!プロフィールは?彼女はいるの?
日本人で初の世界選手権制覇を20歳という若さで成し遂げたチャンピオンを知っていますか?そうです、楢崎智亜選手です!2020年に開催される東京オリンピックではメダルも期待されている、注目の若手クライマー楢崎智亜選手について、徹底的にご紹介していきます。

 

楢崎明智選手は、智亜選手の弟さん。
明智選手もユースの国際大会で優勝する実力者です。187㎝の身長と、しなやかな動きは大きな武器。兄、智亜選手も認める若手の注目選手です。

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

兄弟対決などもあるようですが、お互いをライバルとしてではなく、親友として高め合っているのだそう。兄弟で世界対決なんて、かっこいいですね!

美しい王者 ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)

ヤンヤ・ガンブレット選手 スロベニア 20歳。
日本の選手ではないのですが、ご紹介します。
スロベニアの女子選手。昨年の世界ランキング1位。2019年のシーズンも出るたびに優勝している印象です。日本の女子の最大のライバルと言えますね。

出典:Wikipedia

長い手足を使ったクライミングは、冷静で集中力抜群。どんなシチュエーションでも実力を発揮できるし、ミスも少ないのだそう。

20歳になったばかり。まだまだこれから伸びしろがある驚異のチャンピオンです。“妖精”と呼ばれることもあるのだとか。

一見華奢にも見えるガンプレット選手がクライミングを始めると、見事な筋肉が付いていることがわかります。そのしなやかさに目を奪われます。
日本選手の前に立ちはだかるライバルとはいえ、思わず応援したくなってしまいます。

まとめ

スポーツクライミングの選手たちは、皆さん美しい人ばかり。その上強いメンタルを持っていて、しっかりした目標を持っているのです。
競技以外ではリラックスしている表情も、印象的です。

ぜひ、クライミングの姿を見て、その美しさに声援を送りましょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
あさ

住宅の仕事をしながら、毎日山を眺めて暮らす日々を送るうち、クライミングにモコモコと興味が湧きました。
興味はあるも、未経験。気づけばアラフィフ。あれもう遅いのかしら、と思いつつも、「体一つで登る」という魅力に興味は尽きないのです。
あわよくば、フリークライミングを始めたいものと、もくろみ中です。

あさをフォローする
選手紹介
初心者のためのスポーツクライミング・ボルダリング入門
タイトルとURLをコピーしました