JMAって誰でも登録できるの?その方法を詳しく教えて!

この記事は約4分で読めます。

きっとこの記事をご覧になっているあなたは、スポーツクライミングの経験者なのではないかと思いますが、JMAとはJapan Mountaineering and Sport Climbing Associationの略で、日本語名は公益法人日本山岳・スポーツクライミング協会のことです。

JMAに登録するということは、日本山岳協会・スポーツクライミング協会に登録することで、大会などに出場する権利を得ることができます。

実は私はボルダリングを始めて数ヶ月の初心者なのですが、私のような初心者が登録してもメリットはあまりありません。
なぜでしょうか?JMAに登録する人、団体とはどんな人たちなのでしょうか。そしてどうやったら登録できるのでしょうか?

あなたの疑問を解決すべく、今回はどんな人が、どのようにして登録できるのかをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

個人登録と団体登録

JMAに登録すると言っても、個人の登録と団体登録の二種類があります。

まず個人登録をし、その個人登録者が1名以上加盟している、全員で3名以上の団体が団体登録を行うことができます。
つまり、個人登録者のいない団体は、希望してもJMAに団体登録することはできません。

もしくは、個人の登録者が希望した場合は、所属する団体を団体登録する手続きをすることができます。いずれにしても、個人登録が第一段階なのですね。

個人登録の仕方

A登録とB登録の2種類があります。
A登録は日本国籍を所有していなければなりません。長期で日本に住んでいても、国籍がない方は必然的にB登録ということになります。

また、A登録は諸外国が統括している団体に登録していないことや、登録する前年度までにアンチドーピングの研修を受けている人という条件があります。数年前から計画して準備をする必要がありますね。
B登録は、これらの規定はありません。

A登録はインターネットからの登録のみ、B登録はインターネットからだけでなく、山岳連盟や高体連(全国高等学校体育連盟)からも登録することができます。

個人登録にはいくらかかるの?

A登録は5000円、B登録は年齢によって違い、19歳以上は2000円、未満は1000円です。
団体登録している団体に所属していても、個人の登録料は団体とは別に支払う必要があります。

A登録、B登録どちらでもいいの?

AとBの違いはなんなのでしょうか。
JMAに登録すると大会に出場できるとお伝えしましたが、この大会の種類にもよります。

日本代表としてワールドカップや国際大会に出場したいと考えている選手は、A登録をしていなければなりません。
ということは、東京オリンピックに出場する日本人選手はみなさんA登録されている選手ということになりますね。

実は2019年から規定が変わり、これまでB登録でも出場できていたジャパンツアーや、ボルダリングユース日本選手権などがA登録者でなければならないということになりました。

そのため、BからAに切り替える選手も増えています。
自分がどのような大会に出場したいと考えているか?そのレベルなども考慮して決めた方が良いですね!

団体登録の仕方

インターネットからのみ受け付けしています。

登録する団体の名称は14字以内であること、略称の場合は7文字以内としなければなりません。またひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字、記号としては&(アンド)、-(ハイフン)、・(中点)のみが使用できます。

その他、基本的にはどのような名称でも受け付けてもらえますが、個人名や商品名、政治に関するものであったり、公序良俗に反するものなど社会一般であまり認められないようなものは不可となっています。
会社名と基本的な考え方は同じですね。

団体登録にはいくらかかるの?

基本的に年度登録料として100,000円かかります。しかし、学校を登録団体とする場合は免除されることもあります。

合わせて読みたい

スポーツクライミングの大会に出場するための資格はあるの?
緑が濃くなってきて、体を動かしたい季節になりました! ボルダリングやフリークライミングは多くのジムができていて、ずいぶんと身近なスポーツになってきています。上手な人や競技会に出ている人たちを見ると、ちょっと真似してみたいかも、あんな風...
スポンサーリンク

登録したら良いこととは?

大会に出る以外に登録のメリットはあるのか?と疑問に思われるかもしれませんが、例えば山岳協会に関連する広告などの商業的な活動をすることができます。

自分で講習会や講演会を開いたり、テレビや雑誌に出演することも可能になります。
つまり、プロとしてスポーツクライミングに関することで稼ぐことが許されています。

登録抹消になることもある?

JMAが決めている規定を違反するなどの行為があれば、何かしらの処分をされることはあるようです。
あまりにもヒドイ場合、例えば法律違反を犯すなどの行為があれば登録抹消を言い渡されることもあるかもしれません。

合わせて読みたい

クライミングの国際大会。2019ワールドカップと世界選手権の開催場所は?
いよいよ来年に迫った東京オリンピックの新競技・スポーツクライミングが話題になっています。この記事では、オリンピックの選考にも関わる重要なクライミングの国際大会を紹介しますので、少しでも競技の事を知ってオリンピックを楽しめるように予習しておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?JMAの登録の仕方について理解できましたか?

個人登録をすると大会に出れるようですが、初心者や個人的な団体が好き勝手登録できるわけではないんですね。
しかも国際大会に出るような選手(A登録の選手)は受けなければいけない研修などもありますし、思いつきで登録できるようなものではないようです。

自身のレベルなども踏まえて、検討する必要がありますね。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ASMAK

旅行と食べることが何より好きな30代。
気づけば運動もせずにお酒ばかりを楽しむ日々…
そんな時に友人に誘われて始めたボルダリングは、運動嫌いの私でも苦しまずに続けられる最高のスポーツでした!
今では週に1~2回練習に励んでいます。まだまだ初心者ですが、少しずつ身体を鍛えてレベルアップしていきたいと思っています。

ASMAKをフォローする
その他
初心者のためのスポーツクライミング・ボルダリング入門
タイトルとURLをコピーしました