いまいちわからないボルダリングのルール!制限時間で何をする?

この記事は約4分で読めます。

2020年のオリンピック正式種目に追加された、スポーツクライミング。
中でもボルダリングは気軽に始められるので、趣味として始められる方も増えているのではないでしょうか。

私も先日の八王子で開催された世界選手権を、ライブ配信で観戦しました。
話題に上がっていたから観ましたっていう方も、最近趣味として始めたので観てみたよって方も私の周りには多かったです。

皆さんの周りではいかがでしたでしょうか。

 

あんな色んな壁のぼこぼこをスイスイ登れて「すごいなぁ」と感心する一方、何がすごいのが分かりにくいのがボルダリングですよね。

課題ごとの難易度なのか、時間なのか…ボルダリング初心者の私もそんな感じでした。

今回はそんな皆さんの為に、ボルダリングをより楽しく観戦していただくために競技としての注目ポイントをお話しします。

スポンサーリンク

ボルダリングは制限時間に登れればいいの?

ボルダリングは他のスポーツクライミングの2種(スピード・リード)と比べると、ぱっと見た感じ何を争っているのか分かりにくいですよね。

ボルダリングは、時間内に何本のコースを登れたかを競う競技です。
そう、順位は完登(コースを登りきる事、終地点のホールドを両手で触る事)の本数で決まります。

すごくシンプルでわかりやすいですよね。
一般的には4~5本のコースが設定されていて、各コース4~5分間の制限時間があります。

これは大会やその大会の予選、準決勝、決勝などのステージごとでも変わる場合があります。

 

私たちが一般的に見かける事の多い決勝レベルですと、4本のコースを各コース4分間で行われることが多いようです。

選手権などで落ちまくっている選手はあまり見かけませんが、時間内であれば何度でもトライ出来ます。
しかしだからと言って、制限時間内にただ完登できればいいわけではありません。

順位は完登本数が多い順ですが、完登本数が同数であった場合は「ゾーン」と呼ばれるコースの途中に設けられたポイント地点にいたった数、その数も同数の場合はそのコースにトライした数(アテンプト、というそうです)の順番で順位が決定されます。

 

はい、ちょっと難しくなってきてしまいましたね。整理しますね。
順位は、「完登数」>「ゾーン獲得数」>「完登に要したトライの数(アテンプト数)」で決定します。

制限時間内に完登する事も重要ですが、ポイント制のような要素も絡んでくるのがボルダリング競技なのです。

いかがでしょうか。
こんな順位に関する要素を知っていると、ますます観戦するときに注目するべきポイントが増えますね。

合わせて読みたい

クライミングの簡単なルール説明と採点方法!オリンピックの順位はこう決まる!
クライミングには、いろいろな種類があることはご存知ですか?この記事では、オリンピックで競われるスピードクライミング、ボルダリング、リードクライミングの簡単なルール説明と採点方法をご紹介します。

制限時間が来たら途中でも失敗になる?

さあ、順位を決める要素はばっちりわかりましたね。
制限時間内に無事完登できれば良いのですが…そんなことばかりでないはず。

制限時間内に最終地点のホールドまでは行きつかなかった場合、そのコースはそこまでで終了になってしまいます。厳しいですね…

 

ですが前述したように、順位は完登した数、ゾーンを獲得した数などによって決まるわけなので、途中で終わってしまった事自体はマイナスにカウントされるわけではありません。

課題は複数あるわけですから、もし完登できないコースがあったとしても、次のコースへ気持ちを切り替える必要があるのですね。

また、その選手ごとに得手不得手があるわけなので、いかに得意なコースをミスなく完登するかが重要です。

より完璧なクライミングの為に

完璧にコースを完登するためには、いかにそのコースを攻略するか頭を使う事が重要です。

よく、競技に入る前に選手たちが壁に向かって並んでコースを確認したり、身振り手振りを交えて自分が登る手順を考えていたりする様子を見たことはありませんか?

それを「オブザベーション」と言います。そのまま「観察する」という意味です。
趣味の範囲でもそうですが、コースの難易度が上がれば上がるほど、もちろん一筋縄では完登できないわけです。

スポンサーリンク

 

私のような初心者は挑戦するコースのスタートとゴールを確認して、なんとなーくの体の持っていき方をイメージするだけですが、ある程度ボルダリングをされている方だと、そのホールドの効かせ方や持ち方などもイメージして課題に挑まれています。

いつもすごいなーと思いながら見ています。
ジムではよく上手な方がアドバイスをくれるのですが、たまに何をおっしゃっているのか分かりません(笑)

世界選手権の決勝などでは、「オブザベーション」はコースごとに2分間が与えられています。当たり前ですが、規則では記録機器の使用は一切禁止です。

予選や準決勝では、オブザベーションの時間を込みの制限時間を設けられているようですよ。

しっかりオブザベーションを行って、自分の力を出し切れるように、より高みを目指すためには頭を使わないといけないのですね。

合わせて読みたい

ボルダリングのルールを詳しく解説!勝敗のつけ方についてもご紹介
東京オリンピックまでに、追加種目である「ボルダリング」のルールを知りたい!そう考えている方も多いのではないでしょうか?楽しく観戦するためにも、今から知識を蓄えておきたいところです。この記事では、「ボルダリングのルール」や「勝敗のつけ方」についてご紹介します。ぜひ参考にして下さいね。

まとめ

いかがでしたか?
ルールのお話で少し難しいところもあったかもしれませんが、ここまで読んでくださったあなたなら、周りの人より注目ポイントを絞ってボルダリング観戦を楽しんでいただけると思います。

是非参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました