ボルダリングの試合の流れは?どうやって勝敗が決まるの?

この記事は約4分で読めます。

2020年の東京オリンピックが近づいてきました。
東京オリンピックからの新競技、スポーツクライミングに注目が集まっていますね。

オリンピックでのスポーツクライミングの予習に、ボルダリングの試合をテレビ等で観戦するスポーツファンやオリンピックファンも多いのではないでしょうか。

そして、

  • ボルダリングの試合の流れってどうなってるの?
  • 専門用語が多くてわからない!
  • なにがどうやって勝ちになるの?

と疑問まみれになってしまったスポーツファンのあなた。
ここではボルダリングの試合を、何も知らない初心者でも楽しめるように、疑問を解決していきます。
ぜひ参考になさって下さい。

スポンサーリンク

試合の流れは?

テレビでは、「女子ボルダリング」「男子ボルダリング」と男女に分かれて準決勝・決勝が放映されていますが、会場では男子・女子同時に開催されています。
全体的な流れと、1課題での試合の流れを説明していきますね。

全体的な流れ

まずは予選があり、その後準決勝・決勝が行われます。
準決勝・決勝ともに4課題設定されており、その課題に選手が挑戦し、総合得点で順位を競います。

試合前に、まずは選手が2分程のオブザベーションを行います。オブザベーションについてはこのあとの章で詳しく説明しますね。

オブザベーションが終わると、選手は全員一旦裏に戻ります。その後選手が一人一人出てきて、1課題づつトライしていきます。
つまり、課題1を選手全員がトライ、その後課題2を選手全員がトライ、といった感じです。そして、選手は他の選手のトライは見れません。

4課題全て終了した後の総合得点で準決勝であれば決勝に進むか、決勝であれば順位が決定します。

1課題での流れ

選手がスタートホールドを持ち、両足が地面を離れた所でスタートです。決められた時間内(5分)であれば、完登するまで何度でも挑戦できます。
そして両手がゴールホールドに着いた状態で、完登(ゴール)になります。

ただし、時間内に完登しなければ得点になりません。5分以内にゴールすれば得点ですが、1秒でも過ぎると得点には繋がりません。

合わせて読みたい

ボルダリングのルールを詳しく解説!勝敗のつけ方についてもご紹介
東京オリンピックまでに、追加種目である「ボルダリング」のルールを知りたい!そう考えている方も多いのではないでしょうか?楽しく観戦するためにも、今から知識を蓄えておきたいところです。この記事では、「ボルダリングのルール」や「勝敗のつけ方」についてご紹介します。ぜひ参考にして下さいね。

得点ってどうなってるの?

ボルダリングの得点方法、つまりどうやった人が勝ちなのか、気になりますよね。
みんな登ってみんなゴールしてるけど、どうやって競ってるの?そんな疑問に行き着くと思います。

ボルダリングの得点方法は、

  • 完登した課題がいくつあるか
  • ゾーンは獲得しているか
  • 完登するまでに何回トライしたか

この3つの総合得点になります。
もちろん完登した課題が多い方が強く、完登するまでのトライ回数は少ない方が強く、ゾーンは獲得している方が強いです。

なので極端に言うと、4課題をすべて1回のトライでクリアし、なおかつすべてのゾーンを獲得している人が限りなく優勝に近い人です。
そして、トライ数よりもゾーンを獲得しているかどうかが重要視されます。

覚えておきたい専門用語

テレビ観戦しだすと、専門用語が出てきますね。ここでは、覚えておくとより観戦を楽しめる用語を解説します。

オブザベーション

「選手がオブザベーションを行います」「オブザベーションに入ります」という説明を聞く事があります。
ボルダリングの試合の課題は、当日まで発表されません。選手はその日初めて見た課題に挑戦します。

ただし、このオブザベーションという時間が設けられます。
試合前のオブザベーションで課題を確認し、自分の頭の中でどうやって登っていくか、イメージを固めます。

フラッシュ

「〇〇選手、フラッシュです!」「フラッシュでましたー!」という言葉をよく聞くと思います。
人によっては一撃とも言いますが、フラッシュと同じ意味ですね。

これは、一度のトライで完登した事を意味します。トライ数は少ない方が有利ですので、フラッシュした選手はより優勝に近いというイメージでOKです。

スポンサーリンク

ゾーン

課題の途中にあるゾーンって何なの?となっていませんか。昔はボーナスと呼ばれていました。
上の得点の項目でもゾーンが出てきましたね。

ゾーンを獲得せずゴールしてもOKですが、その場合ゾーン獲得のポイントは付与されません。
より確実に上を目指すなら、ゾーンを獲得してゴールするのが安全です。

カンテ

カンテとは、壁の端を持つ動作の事です。「ここはカンテを使います」というのは、壁の端を持って登る・移動する、という事です。

ハリボテ

ハリボテとは、ホールドではなく壁に取り付けられた壁とでも言いましょうか。
このハリボテにホールドが取り付けられている事もあれば、ハリボテそのものを使って登る場合もあります。

これに関してはこちらの記事で詳しく解説しています

ボルダリングジムでの専門用語を徹底解説!これであなたも常連気分♪
最近テレビで取り上げられる事が増えたボルダリング。やってみたくなって、ボルダリングジムに通い始めた人も多いのではないでしょうか?でも、ボルダリングジムの独特な雰囲気や専門用語に戸惑う事もありますよね?今回は、初心者には分からない専門用語を、わかりやすく解説していきます。

まとめ

ボルダリングの試合の流れ、お判りいただけたでしょうか?
ボルダリングの試合は、みんなが苦戦しているのにあの選手はカンタンに登ってる!というシーンや、今まで出てきた人は何回もトライしてゴールしたのに、この人はフラッシュだ!というシーン、また、この人の登り方は他の人と違う!といった所が見どころです。

流れや専門用語を覚えて、より観戦を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
tobe

育児中の主婦です。
妊娠前には週に1~2回、数年間ボルダリングに通っていました。
現在はワールドカップを見る程度ですが、その頃にハマった知識がまだありますので、初心者さんに役立つ記事を書いていきたいと思っています。

tobeをフォローする
大会
初心者のためのスポーツクライミング・ボルダリング入門
タイトルとURLをコピーしました