ボルダリングに慣れてきたら買うべき道具は何?予算はどのくらい?

この記事は約5分で読めます。

最近ニュースなどでも取り上げられる事が多くなった、ボルダリング。
非常に気になって、始めてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

実際、私の利用しているジムでもオリンピックの正式種目の採用候補に挙がったあたりから、体験で訪れる人が一気に増えた気がします。
しかし体験利用者の方を見ていると、当然ですがどんな道具が必要かなど全くわからない状態で来ます。

そうですよね。まだまだマイナーな競技ですので、なかなか情報も少ないですよね。

ここでは、実際にどんな道具を買いそろえればいいのか、紹介していこうと思います。
初心者の方には、こちらで実際にボルダリングを始める為に道具代として、いくらくらい予算を確保すればいいかお伝えします。ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

ボルダリングで最初に買うべきものはこれ

極端に言ってしまえば、ボルダリングは登る人の体だけあれば行う事が可能です。

服装は家にある動きやすいものであればOKですし、タオルももちろん家にあるものでかまいませんし、シューズやチョークはレンタルできます。なので、絶対にこの道具一式を揃えなければならないという事はありません。(※コンペ(大会)などによって多少違うかもしれませんが。)

でも、少しだけボルダリングに慣れてくると、自分のものが欲しくなるもの。
そんな時に、優先的に買った方がよい物をご紹介します。

クライミングシューズ(購入予算10,000円位~20,000円位)

もちろん、ほとんどのジムでレンタルする事が可能です。レンタル代としては、大体300円程度です。
なぜ、購入予算でこれほど開きがでてしまうのか?それは、シューズの性能の差です。

「じゃあ、初心者でも高いシューズを買った方がいいの?」と思うかもしれません。
しかし、答えは「No」です。シューズはソール(靴底)がゴムの為、使用していると削れてきます。そのため、消耗品となります。

さらに、価格の高いシューズはそれぞれ適した登り方や得意な傾斜角度などがあります。
初心者の方はエントリーモデル(約10,000円位)のシューズをお勧めします。

シューズの購入を勧める理由

レンタルではなくて購入を勧める理由はもちろんあります。
それは、レンタルよりも上達速度が速いからです。

毎回違うレンタルシューズを使用するよりも、同じシューズを使用していた方が、練習の際に微妙な変化に気が付けます。
そのため、一番最初に買う道具はシューズをお勧めします。限られた予算で始めたい人は、シューズを買ってください。

合わせて読みたい

ボルダリング初心者さんのための失敗しないシューズの選び方
ボルダリングを続けてるとマイシューズが欲しくなりますよねでも、シューズってたくさんあって悩みますよね。私もめちゃくちゃ迷いました。価格も高いし、失敗したくないですよね。この記事ではクライミングシューズの特徴を紹介します。シューズ選びの参考にしてみてください。

これがあれば便利な道具

次は、シューズ以外にあった方が便利(良い)な道具を紹介します。予算に余裕があれば、購入をお勧めします。

クライミングパンツ(購入予算5,000円位~)

普通のジャージでも代用可能です。中には普段履きのジーンズで登っている人もいます。
しかしクライミングパンツは、股が楽に開けるようになっています。その為、楽にホールドにつま先を乗せる事が可能になります。

私自身、何着かのクライミングパンツを使用しました。しかし値段の開きほどの性能の差を感じる事ができませんでした。デザインなどで自分の好きなパンツを選んでよいと思います。

クライミング用ソックス(購入予算1,000円位~)

数年前まではクライミングシューズ(レンタルは除く)は素足で履くのが常識でした。
しかし、クライミングシューズは基本水洗いができません。そのため、多くの人がシューズのニオイに悩まされていました。

また素足で履く為、シューズの使用後しっかり陰干ししないとシューズ内側にヌメリが出たりしていました。

しかしソックスを履くことにより、シューズのメンテナンスが非常に楽になります。
さらに通常シューズはきついサイズを選ぶ為、ソックスを履くことによりシューズへの足入れがよくなります。

液体チョーク(購入予算700円位~)

チョークはジムでもレンタル可能です。レンタル代は大体100円位が多いようです
しかし、レンタルチョークは粉チョークの場合が多く、ボルダリングにはイマイチです。

スポンサーリンク

私がお勧めしたいのは液体チョークです。液体チョークとは粉チョークとアルコールを混ぜた、ボトルに入ったチョークです。
液体チョークは手のしわに綺麗に入り込みます。その為粉チョークの様に、何度も付け直す手間が省けます。

また、粉チョークを使用する際には通常チョークバック(購入予算2,500円位~)に入れて使用しなければなりません。その為、予算的にも魅力的です。

一点だけ、注意してほしい事もあります。液体チョークの中にはロジン(松やに)が配合されているものもあります。ロジン配合のものはホールドに付いた場合、非常に落ちにくいので禁止されているジムもあります。

そのため、初めて液体チョークを購入する場合はジムのスタッフに相談するか、ジムで販売しているものをお勧めします。

▼こちらでしたら、松やに成分は配合されていません。

タオル

こちらは、購入というよりは自宅にあるものでも全く問題ありません。汗を拭くだけでなく、チョークの付いた手を洗った際にも使えます。ぜひ用意しましょう。

合わせて読みたい

ボルダリングに必要な能力は何?上手になるためのコツを伝授!
ボルダリングを始めてしばらくたつと、なかなか上達できない自分にイライラして、伸び悩む時期がありますよね。どんどん上手くなるライバルを尻目に「ボルダリングには何か特別な能力が必要なのかな?」と悩んでいるあなたへ。この記事では、ボルダリングが上手になるために必要な能力をご説明し、めきめき上達してしまうコツをあなたに伝授いたします。

 まとめ

いかがでしたか?思ったよりも始める為の予算面で、だいぶハードルが下がったのではないでしょうか?
全てレンタルでも十分ボルダリングを楽しめますが、ご紹介した道具があればさらにボルダリングを楽しめます。

自分にあった道具を揃えてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました