ボルダリングが始まったきっかけは?どんな人に向いている?

この記事は約4分で読めます。

仲の良い友人が最近になってボルダリングを始めました。その友人に誘われて、自分自身もボルダリングを始めようかと思っています。ですが、物事には向き不向きがあると思うので、「自分にボルダリングは向いてるのかな?」とふと疑問に思ったのです。せっかく始めてみたはいいものの、「自分には向かなかった…。」と後悔したくないですし…。

そこでここでは、そもそもボルダリングはどんなきっかけで始まったものなのか、ボルダリングに向いている人はどんな人なのかをたっぷりとご紹介します!

「ボルダリングに向いているかも!」と思ったら、ボルダリングの始まりを知って新しい趣味として楽しく始めてみませんか?

スポンサーリンク

ボルダリングが始まったきっかけは何?

まずは、初心者だと「そもそもボルダリングって何?」って思っちゃいますよね。ボルダリングは、道具を使わずによじ登っていくロッククライミングのことを言います。

ボルダリングは、昔に比べて本当に人気の高いスポーツになったので、「あのカラフルな壁を登るスポーツでしょ!」と認識されている方も多いと思います。カラフルな壁を見ただけで、おしゃれな感じがして気分が上がりますよね~。

「じゃあ、道具を使う場合はボルダリングじゃないの?」という話になりますが、道具を使って登るのはボルダリングにはなりません。ロープを使う場合、ルートクライミングといい、ロープにプラスしてハシゴを使う場合にはエイドクライミングといいます。道具の有無で、クライミングといってもいろいろと違いがあるんですね~。

 

余談はここまでにして、そろそろ本題に入りたいと思います。

ボルダリングが始まったきっかけについてですが、アルプスやヒマラヤなどを山頂まで登ろうとしていた人たちが、「岩肌をしっかりと登るために何か良い練習方法はないか?」とあれやこれや考えたそうです。

そこで考え出した方法が、転がっていた大きな岩で練習を始めたことがそもそものきっかけとなりました!
練習をしている中で、「山頂を登るための練習ではなく、これを単体のスポーツにしても面白いのでは?」と考える人たちが現れました。

ボルダリングを行ってみると分かるのですが、自分で「このルートで登っていこう!」と工夫して登った結果、登り切れた時の達成感がものすごくありますよね~。その楽しみや達成感を知っていた先駆者たちが、今人気のボルダリングをスポーツとして生み出していったという訳です。発明などもそうですが、日々の何気ないことが大きな発明につながったりしますよね~。

ちなみに、ボルダリングとは地質学用語で“大きな石ころ”を「ボルダー」といい、その“ボルダーをよじ登る”ということから「ボルダリング」という名前になったそうです。名前の由来もフムフムです!

合わせて読みたい

ボルダリングはどこが楽しい?経験者がハマるその魅力ベスト6!
「1度やってみたいけど、力ないしな~」「女性がやったらおかしいかな?」など思われているあなた。確かに女性でボルダリングしている人ってまだ少ないですよね。ジムに入りにくい感じもしますよね。この記事では、ボルダリングにはまって3年経つ私が感じているボルダリングの魅力についてご紹介します。

ボルダリングが向いている人はこんな人。

ボルダリングに限らず、クライミング全体を通して向いている体型があります。
それは以下の通りです。

  • やせ型だけど筋肉質!
  • 身長が高い!(手足が長い)
  • 指先が長くて可動域が広い!

「絶対にこの体型の人しかできない!」という訳ではありません。ですが、このどれかに当てはまっているとボルダリングを行う上で有利になることは確かです。

その他にも…、

  • 身体の柔らかさ!
  • 握力の強さ!

なども挙げられますが、これはトレーニング次第で鍛えることができます。

 

ボルダリングは、重力に逆らって自分の体重を支えながらうまく壁をよじ登っていかなければいけないので、適度な筋肉が必要になってきます。

また、ボルダリングは全身の筋肉を使うスポーツですが、それ以外にも頭を使うスポーツでもあります。「どういう風に登っていこう?」「どういうルートで登ればスムーズに登ることができるか?」など、事前の戦略が大事になります。筋肉や体力も鍛えられると同時に、脳トレにもなるのでとても素晴らしいスポーツですよね~。

スポンサーリンク

「ひとつのことに集中するよりも、同時進行で物事を行うのが得意!」という人にも向いているスポーツになります。さらには、年齢とともにどうしても代謝が衰えてしまい、太りやすくなってしまったり「ダイエットしてもなかなか痩せない…。」という方も多いと思います。ボルダリングは、腕や指の力だけではなく、全身の筋肉を非常に多く使います。

「シェイプアップを目指したい!」という方や、「健康のためにダイエットしたい!」という方にもおすすめしたいスポーツです!

合わせて読みたい

ボルダリングをやってみたいと思ったら知っておくべきこと。費用は?持ち物は?
東京オリンピックの正式種目にも決定して、テレビのニュースでも取り上げられる事が格段に増えてきたボルダリングですが、比較的新しい競技の為、まだまだ初心者が一人で始めるにはハードルが高く感じてしまいますよね。この記事では、これからボルダリングを始めたい初心者のあなたへ持ち物やできる場所などを紹介します。

まとめ

そもそもボルダリングはどんなきっかけで始まったものなのか、ボルダリングに向いている人はどんな人なのかをたっぷりとご紹介しました!

個人的な感想としては、ボルダリングがどのように生まれたのかはとても興味深かったです。
また、ボルダリングを行う上で有利になる体型があったり、「こんなタイプの人が向いている!」というのがしっかりあったりするんですね~。特に私自身、最近健康のことを考えているので、ボルダリングを通して健康な毎日を過ごしたいと思います。

「ボルダリングを始めてみたい!」という方は、是非参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました